メニュースキップ

自然妊娠力を高めるための治療とアドバイスを中心に安心と信頼と心の通うクリニック

更年期「更年期タイプ別診断」

+

sub_pic04.jpg

当院更年期診断の特徴

更年期のタイプを診断します

更年期症状にはホルモン欠乏型、心因型、両者の混合型、そして稀に仮面うつ病が隠れている場合があります。当院ではオリジナルの問診表によって更年期のタイプ診断を行ったうえで治療を行います。

また心因性症状の場合、ご本人の神経質な性格が深く関係していることが多く、神経質タイプかどうかも含めて診断を行い治療法を選択しています。

自律神経の失調症状を重要視します

更年期には自律神経失調症状(不定愁訴)を伴うことが多く、本人は日々つらい思いをしながらも周囲には理解されにくいために、症状がより深刻になることがあります。早めの対策が必要なため、当院では、自律神経の失調症状の診断に力を注いでいます。

ていねいな問診を行います

更年期症状があっても、ご本人は気がついていないことがあります。とくに心因性の症状の場合、更年期と結びつけて考える方は少ないものです。また自律神経失調症は不定愁訴といわれ、その症状は多彩でしかも症状の程度も千差万別です。さらに更年期の症状は、職場や家庭環境の影響を受けやすく、当院ではていねいな問診を行い、症状の起こる背景を探っていきます。