メニュースキップ

自然妊娠力を高めるための治療とアドバイスを中心に安心と信頼と心の通うクリニック

医師紹介

+
dd1.jpg

院長 医学博士
美馬 博史(みま ひろふみ)

東京慈恵会医科大学医学部卒。 同大学附属病院産婦人科、美馬産婦人科院長を経て現職。
産科婦人科および不妊治療の臨床医としての長いキャリアを踏まえ、妊孕性(妊娠する力)を守る大切さを訴え、体にやさしいホルモン治療、カウンセリング療法、抗酸化食事療法等を積極的に啓蒙している。

【所属学会・研究会】

日本産科婦人科学会専門医。日本東洋医学会専門医。日本生殖医学会会員。
日本女性心身医学会会員。日本女性医学学会会員。更年期と加齢のヘルス学会会員。
Sex Selection研究会(生み分け研究会)会員。

【著書(新著順)】

『自然妊娠力を高める本』海竜社
『妊娠したい!と思ったらすぐ読む本』海竜社
*以下は著者名美馬宏夫充(みま・ひろふみ)
『キレイなわたしをつくるオバリー生活法』実業之日本社
『骨粗鬆症は防げる 治せる』マキノ出版
『更年期専門外来』海竜社
『こんにちは! 更年期』二見書房

dd1.jpg

培養室長 医学博士
杜剛(と ごう)

岡山大学医学部医歯薬学総合研究科機能再生・再建科学専攻、細胞生物学分野に細胞学と癌の研究によって博士号取得。三重県花の丘病院などの勤務を経て現職。不妊症と高度生殖医療技術を積極的に取り入れている。医学研究英文論文5篇、学会発表6回。

【所属学会等】

日本臨床エンブリオロジスト学会、日本癌学会、日本国際観光医療学会会員。
米国ISFN認定サプリメントアドバイザー、全日本中国人博士協会副部長

【主な論文等】

Expression of REIC/Dkk-3 in normal skin and hyperproliferative epidermis.
Experimental Dermatology. 2010
Intraperitoneal administration of an adenovirus vector carrying REIC/Dkk-3 gene suppresses peritoneal dissemination of scirrhous gastric
Cancer Letters November. 2010
新規がん抑制遺伝子REIC/Dkk-3の増殖性皮膚疾患での発現減少
第69回日本癌学会学術総会演題/大阪/2010年

写真(三木).jpg

 

院長補佐 理学博士
三木 健輔(みき けんすけ)

横浜市立大学 国際総合科学研究科バイオ科学専攻、細胞老化のメカニズムの研究によって博士号取得。現在は横浜市立大学およびダッカ国立アーユルヴェーダ医科大学などで老化防止の研究をしながら現職(土曜日のみ勤務)。自然妊娠力向上のため、東洋医学を積極的に推奨している。専門は分子細胞生物学、長寿科学、アーユルヴェーダ。研究論文24篇、学会発表多数。

【所属学会等】

日本農芸化学会、日本分子生物学会、日本アーユルヴェーダ学会

【主な論文等】

・Extract of Emblica officinalis enhances the growth of human keratinocytes in culture. J Integrative Medicine. 2019
・Restriction of protein synthesis abolishes senescence features at cellular and organismal levels. Sci Rep. 2016
・Triphala, a formulation of traditional Ayurvedic medicine, shows protective effect against X-radiation in HeLa cells. J Biosci. 2016
・5-Bromodeoxyuridine induces transcription of repressed genes with disruption of nucleosome positioning. FEBS J. 2010
・ヒト細胞の増殖を調節するアーユルヴェーダハーブの探索
第41回日本分子生物学会年会/横浜/2018年
・自然妊娠力を高めるアーユルヴェーダ処方の検討
第40回日本アーユルヴェーダ学会/金沢/2018年
・Clinical effects of AHCC on high-risk HPV infection and secretory IgA
統合医療機能性食品国際学会 第24回年会
/札幌/2016