メニュースキップ

自然妊娠力を高めるための治療とアドバイスを中心に安心と信頼と心の通うクリニック

婦人科

+

sub_pic01.jpg

婦人科とは

女性を診療するのが産婦人科ですが、産科と婦人科は少し違います。産科は妊娠・出産・産褥が対象です。

婦人科は妊娠していない女性が対象です。但し、妊娠したいと願う女性や不妊症ではないかと心配している女性の診療を行います。

専門領域は産科・婦人科と違っても、産婦人科医は両方の勉強をしていますから、ご安心ください。

 

受診前に知っておきたい! 婦人科の基礎知識

■女性特有の心配事に対応します。

女性と男性の大きな違いは、女性には月のリズム「月経」があること! このため、男性にはない女性特有の心配事が起こりがちです。
婦人科はそんな女性特有の悩みや症状、病気の予防、早期発見に対応しています。

■すべての年齢層の女性が対象です。

初経を迎える思春期、妊娠・出産適齢期の性成熟期、卵巣機能の低下に伴う閉経期、閉経後の高年期…。
月経を中心に大きな節目があるのも、女性ならではのこと! 婦人科は思春期から老年期まで、すべての年齢層の女性を対象としています。

■女性の体だけでなく、心にも寄り添います。

精神的な悩みから月経不順になることがあります。月経不順が不妊につながり、心が不安定になることもあります。
女性の心と体は表裏一体! 婦人科は女性の体だけでなく、心にも寄り添いながら診療にあたっています。

■女性に多い悩みにも対応します。

女性の場合、月経のことや子宮・卵巣の心配事だけでなく膀胱炎・尿失禁などの泌尿器系のトラブル、あるいは便秘などに悩まされる方も多いものです。
婦人科はこのような女性に多い悩みにも対応しています。婦人科医を頼ってみましょう。