メニュースキップ

自然妊娠力を高めるための治療とアドバイスを中心に安心と信頼と心の通うクリニック

心療内科「当院心療内科診断の特徴」

+

sub_pic05.jpg

当院心療内科診断の特徴

丁寧な問診を行います

気分の落ち込みや不安感は誰にでも多少はあるものです。このため、気持ちを強くもてば大丈夫と考えがちですが、疲労が長引くと生活のクオリティは低くなります。

また、いわゆる心の風邪、うつ病のサインのこともあり、早めの対策が大切です。

当院では心療内科の治療経験が豊富な院長が、真摯に患者様と向き合い、丁寧な問診を重ねて、ご本人が自覚しにくい原因を突き止め、解決への手助けをします。

ストレスの元をご一緒に探求します

心の不調の多くは、心身ともに過多なストレスが誘因となります。ストレス過多の背景はひとりひとり違います。

緊張を強いられる職場環境や仕事による過労、家庭にあっては老親の介護、子どもの教育問題、自身または夫のリストラ、経済的問題など、実に多種多様です。

人生の先輩である院長が丁寧な会話の積み重ねから、引き金をさぐっていきます。

女性のライフサイクルから背景をさぐります

たとえば産後の一時期心がブルーになるマタニティブルーのなかには、産後うつ病といって、出産を機に発症するうつ病が隠れている場合があります。

また、失恋や受験の失敗、就職活動がうまくいかないなど、人生への挫折感が誘因となる場合もあります。

仮面うつ病の発見に努めます

仮面うつ病といって、心のうつ症状が身体症状となって現れている場合があります。とくに、更年期女性が頑固な不定愁訴に悩まされている場合、仮面うつ病が隠れている場合があります。

当院では、オリジナルな問診票を用いて、仮面うつ病の早期発見に努めています。