test

メニュースキップ

自然妊娠力を高めるための治療とアドバイスを中心に安心と信頼と心の通うクリニック

 

子宮頸がんは子宮の入り口付近にできる悪性腫瘍で、国内では毎年約10,000人の方が罹患し、年間約3,000人の方が死亡している恐ろしい病気です。

女性のがんの中で2番目に多いのが特徴です。

主な原因とリスク

・ヒトパピローマウイルス(HPV)感染:性行為によって感染するウイルスで、子宮頸がんの95%以上の原因と言われています。

・性交渉の開始年齢が早い:若い年齢で性交渉を始めると、HPVに感染するリスクが高くなります。

・性交渉相手が多い:多くの性交渉相手を持つと、HPVに感染するリスクが高くなります。

・喫煙:喫煙は子宮頸がんのリスクを高めます。

・免疫力の低下:免疫力の低下はHPV感染からの回復を妨げ、子宮頸がんの発症リスクを高めます。

症状

・初期症状:ほとんどありません。

・進行期症状:おりもの異常(白色や黄色、血の混じったものなど)、不正出血、性交時出血、下腹部痛など

検診

子宮頸がんは、早期発見・早期治療が重要です。20歳以上の女性は、定期的に子宮頸がん検診を受けることが推奨されます

検診の種類

・細胞診:子宮頚部から細胞を採取し、顕微鏡で検査します。

HPV検査:子宮頚部から細胞を採取し、HPVに感染しているかどうかを検査します。

治療

子宮頸がんの治療法は、進行度や患者さんの状態によって異なります。

・手術:子宮頚部を切除する手術です。

・放射線治療:高エネルギーの放射線でがん細胞を死滅させます。

・化学療法:抗がん剤を投与してがん細胞を死滅させます。

【高周波蒸散凝固術】:ウイルスがいる部位に高周波を照射し、病変部を焼く治療法です。がんは発症してないが、細胞診の診断が軽度異形成、中程度異形成で1年以上継続している方が対象です。

【高周波蒸散凝固術】の料金:43,000円(抗生剤・鎮痛剤5日分処方込み)  

予防

子宮頸がんは、以下の方法で予防できます。

HPVワクチン接種HPVワクチンは、HPV16型と18型の感染を防ぎ、子宮頸がんの発症のリスクを大幅に軽減します。

・定期的な子宮頸がん検診:早期発見・早期治療につなげることができます。

・禁煙:喫煙は子宮頸がんのリスクを高めるため、禁煙が推奨されています。

・性交渉相手を減らす:性交渉相手が多いほどHPVに感染するリスクが高くなるため、性交渉相手を減らすことが有効です。

 

美馬レディースクリニックでは、子宮頸がん検診、HPVワクチン接種、子宮頚部異形成治療【高周波蒸散凝固術】(中程度異形成まで)などを行っております。

・経験豊富な医師が丁寧に対応します。

・最新の設備を導入し、患者さんに負担の少ない検査・治療を提供いたします。

・プライバシーに配慮した診察室で、安心してご相談いただけます。

 

子宮頸がんについてお悩みの方は、ぜひ当院にご相談ください