メニュースキップ

自然妊娠力を高めるための治療とアドバイスを中心に安心と信頼と心の通うクリニック

テーマは、「“少子化対策”の発言が反響 菅氏「不妊治療に保険適応を」…高額負担変わるか」。

美馬院長は以前より、「不妊治療への保険適応が必要」と発言して参りました。不妊治療の場合、一部は保険適応の対象ですが、検査および一般治療、体外受精・顕微授精等の生殖補助医療(ART)では、自費負担となり、高額な費用を自己負担せざる負えないケースが多々あります。
美馬院長は「少子化は加速し、男女ともに初婚年齢が高く、環境因子等の影響もあり、不妊に悩むご夫婦は増え続けています。お子さんが欲しいと望むご夫婦が一日も早く、赤ちゃんを腕に抱く日が来ることを願いつつ、私の基本的な診療方針である「妊娠しやすい体作りへの治療とアドバイス」を皆様に伝えていきたいと考えます。